毎度思うことなのですが
スキーってものすごく奥が深いですよね

もちろんボードも奥が深いですが
スキーをやる私にとっては
考えれば考えるほど深いスポーツだと思っています。



流行というものもあって
どのような滑りが好まれる
ということもあるにはありますが
正しく無い滑り以外は
どんなスタイルの滑りでも良いと思っています


正しく無い滑り方とは
前傾が強すぎたり後傾だったりなど…



パラレルターンを練習してる時に


外足加重で滑ろうね

と言われたことありますが
これはあくまでも
コントロールが可能な基礎パラレルターン
(ズレが多いパラレルターン)
ということであって
別に両足均等の加重でも
自分がコントロールして滑れるなら
全く問題無いのです


どちらかというと両足加重だと
パラレルターン(カービング系)という感じでしょうか



ただし
当然上手な方でも
雪面状況が悪ければ
雪面が良い時のように綺麗には滑れないです


というのも
その状況に合わせなければいけなくて
その時にあった滑りをしますので
しっかりグルーミングされたバーンのようには
滑れないのです

2:25 センターフォーからスーパーコース 4


ということを考えると
どのようなスタイルの滑り方でも良いには良いですが
いろんな雪面状況を滑るには
結局はいろんな滑りができないといけない
ということですね



極める人は
オフトレや動画等での勉強もしますが
やはり一番上達するのは
当然実際に雪面を滑ることです

いろんな状況や斜面を滑って
どの状況や斜面でも
どんな滑り方でも滑れるようになれば
相当な力がついていることと思います



私は
山に1シーズンほぼ毎日滑って
いろんな状況や斜面を滑ってきまして
相当上達はしたものの
全然うまい人には追いつくレベルではありません

ということもあって
数シーズン通してしっかりと練習をしていかないと
この先の上達は厳しいと実感しました

今シーズン全然いけなかったことで
すごい悲しいですけど
来シーズンとか滑れれば
ガンガン練習して上達していこうと思います



私が
目指すべきところはクラウンプライズです

相当な難関というのはわかっていますが
クラウンの方の滑りを見ていると
惚れ惚れします

ということもあって
やるからにはクラウン目指したいと思いました








以下のブログもやっているので
ぜひ見に来てくださいね

ヒラメ100枚への挑戦!!
流行ったら?そりゃ見逃せないでしょ!!
iPhone周辺機器&家電等紹介ブログ♪